logo

Top news

フビライ ハーン

オゴタイ・ウルス(オゴタイ王家。かつてはオゴタイ・ハン国と呼称されたが、オゴタイの孫ハイドゥが反フビライ勢力を糾合して立ち上げた「ハイドゥの王国」を指す場合もある。後にチャガタイ・ウルスに取り込まれた) 5. チンギス・ハンは自身が傑出した英雄であると同時に、有能な臣下達を束ねる天才でもあった。 人種や宗旨にかかわらず、有能な人物は登用して能力に相応しい仕事と褒美を分け与えた。これにより、彼の麾下には多くの人材が結集した。 その中でも有名なのが「四駿四狗」と称される者達である。 四駿(馬)はボオルチュ、ムカリ、ボロクル、チラウンといい、側近や高位の将軍としてチンギスの補佐を行った名臣。 四狗(犬)はジェルメ、ジェベ、スブタイ、クビライであり、先鋒や遠征軍の指揮官として用いられた猛将。 さらにモンフト部族のクイルダル、ウルウト部族のジュルチダイという勇敢な二人の盟友を加えて「十功臣」となる。 他にも多くの功臣達が活躍し、モンゴル譜代の者は「八十八功臣」。 ケレイトとの敗戦で共にバルジュナ湖の誓いを行った者達は「バルジュナト」「バルジュナの十九功臣」と称される。 異郷の人物としては耶律楚材が有名。 後世に帝国の宰相格として謳われるが、実際はそこまでの権限はなく、チンギスのお気に入りの占術師という立ち位置であった。オゴタイの時代で中国北部の有力な官僚の一人となったというのが実情らしい。. チンギス ・ ハーン - モンゴル帝国第 1 の上昇 Genghis Khan - Rise Of Mongol Empire Part 1. モンゴル帝国の第5代皇帝(1215〜1294) 第4代皇帝モンケの命で雲南・大越を攻略。1260年、モンケの死去により第5代皇帝に即位。南宋 ・高麗・雲南・大越に侵攻。1273年、襄陽・樊城を包囲し南宋軍を降伏させた。1274年、元・高. ブログご訪問有難うございます。昨日、注文した本(コミック)が届きました探しに探しましたぁ〜〜神坂智子 氏『カラモランの大空(そら)』全6巻 (マルコ・ポー. ジュチ・ウルス(ジュチ王家。キプチャク・ハン国とも呼称) 3.

1260年に即位したフビライハンはモンゴル帝国において初となる「中統」と呼ばれる中国風の元号をたてました。 また行政府である中書省、軍政を司る枢密院、監察を司る御史台などを設置し、中国式の政府機関を一通り整備します。 至元4年(1267)になると中国式の方形様式を取り入れた大都を(現在の北京の地に造営した都市)の建設を始めました。 その後、至元8年(1271)12月18日になると元号を「中統」から「元」と改め、元の初代皇帝となりました。. 世祖フビライ、大都を築く~ところが、ほとんど住まない モンゴル帝国の5代目君主(ハーン)フビライ(在位1260~1294)は、初代元朝皇帝・世祖(在位1271~1294)となります。. チンギス・ハーンの孫がフビライ・ハン、つまりフビライ・ハンのおじいちゃんがチンギス・ハーンです。 祖 父・チンギス・ハーンは、歴史史上最大のモンゴル帝国を作った人です。 政治や軍事のしくみを強化し、モンゴル民族を統一しました。. · フビライ・ハーンは、チンギスハンの孫でしたが、非常に少しは彼の幼年期について知られています。私たちは、フビライがトルイ(チンギスの末の息子)と彼の妻Sorkhotaniに1215年に生まれたことを知っていますネストリウス派キリスト教の Kereyid同盟の王女。. 1266年に蒙古のフビライ・ハンから、日本に送られてきた国書の内容は次のとおりです。 「天に守られている大蒙古国の皇帝から日本国王にこの手紙を送る。私(フビライ=ハン)が思うに、昔から、小国の君主は、領土が接している場合は、修好に努力するものである。私の先祖も天命を受けて. フビライ ハーン フビライ・ハーンは日本を併合したいという考えを変えることはなかった。 ・・・1281年8月初頭、フビライ・ハーンは、おそらくそれまで人類が経験したことのないほどの大艦隊を編成した。. See full list on history-men. 源義経は平安時代末期に活躍した武将で文治5年(1189)に亡くなった人物です。 フビライハンとは会ったこともなければ、活躍した国、時代も違います。 しかし、源義経には実はチンギスハンだったのでは。というチンギスハ説が存在します。 このチンギスハン説とは、衣川の戦いで亡くなったとされる源義経は実は生存しており、蝦夷地に逃げた後、大陸に渡りチンギスハンになったのではないかという説です。 この説のようにチンギスハンが源義経であるのならば、チンギスハンの孫にあたるフビライハンは、源義経の子孫ということとなります。 ですがチンギスハンの両親の名前や出自などが判明しているため、源義経がチンギスハンであったということは考えられません。.

フビライ・ハーンの霊言 世界帝国・集団的自衛権・憲法9条を問う 公開霊言シリーズ 大川隆法 フビライ ハーン 5つ星のうち5. チンギスの母ホエルン、正室のボルテは賢夫人としてチンギスの苦難を内助して支え、チンギスも二人を重んじた。 チンギスの後宮には500人の妻妾たちが控えていたという。それらはボルテを筆頭とした5人の皇后により、複数のオルド(幕営)に分けられて運営された。 チンギスが儲けた子女で史料に確認されている者は15人(9男6女)であり、そのうち9人(4男5女)はボルテの所生となる。 ボルテが生んだ4人の皇子ジュチ、チャガタイ、オゴタイ、トゥルイは嫡子として別格の扱いを受け、上の三人は帝国西方に領土を与えられてウルス(国家)の建設を許された。 末っ子のトゥルイは末子相続の慣習に則りモンゴル本土と遺産の大半を受け継いだ。 弟のカサル、カチウン(の遺児アルチダイ)、テムゲには帝国東方にウルスを与えられた。 妹や娘達は部族間の紐帯を強くするために各部族の首長の家に嫁がされた。 異母弟のベルグタイは国主ではなく大貴族として遇し、嫡庶の分別を示したものの、例外的に晩年に儲けた 庶子コルゲンはチンギスも余程可愛かったのか、正嫡の皇子と同等に扱われウルスを与えられた。 こうして建国初期には、西方の三王家+中央の二王家?(トゥルイ家は本土でおそらくコルゲン家は付随)+東方の三王家、合わせて八王家を帝国に内包する事となった。 後に四つに分裂した帝国はこれらの王家をベースとしている。 1. ケレイト王国のオン・ハンはテムジンにとっては宗主、亜父ともいえる存在であった。 一時オン・ハンはナイマンとの戦いで没落しかけたがテムジンの助力で返り咲き、テムジンは皮肉にも彼の尖兵として働き、強大化に寄与する事で、頭を抑えられる事にもなった。なんといってもケレイトは豊かな先進国であり、ヨーロッパまで名が伝わっている程である。 だが両雄の対峙は時間の問題であった。オン・ハンの息子セングンはテムジンを疎んじ、客分となっているジャムカに唆されてテムジンを討つ事を決める。老いたオン・ハンも子に従うしかなかった。 1203年にケレイトとの戦争が勃発し、最初は一敗地にまみれた。 僅か19人の部下にまで撃ち減らされたテムジンであったが、落ち延びたバルジュナ湖で湖水を啜り、捲土重来を誓って反撃を開始した。たちまちのうちに兵力をかき集めて、ケレイトの主力を奇襲して撃破に成功。そのまま王国を奪い取る大逆転となった。 こうしてテムジンは完全に独立した。 ケレイト王国を「簒奪」して飛躍的に勢力を増大したテムジンは残ったナイマン、メルキトも立て続けに討ち滅ぼし、ナイマンの参謀となっていたジャムカを処刑すると、モンゴルにテムジンの敵はいなくなった。. フビライハンは1215年、チンギスハンの四男・トルイと母であるソルコクタニ・ベキの次男として誕生しました。 よってフビライハンはチンギスハンの孫にあたります。 兄は後に第4代皇帝となったモンケであり、弟はイルハン朝を開いたフレグ、また後にフビライハンと皇帝争いを行うアリクブケがいたとされています。 1251年、兄・モンケが第4代皇帝になると、フビライハンはゴビ砂漠以南の南モンゴル高原・華北の諸軍の指揮権を与えられました。 1253年には雲南を支配していた大理国を降伏させます。. 雲南からの帰還したフビライハンは、現在の内モンゴル自治区に位置する南モンゴル中部のドロン・ノールに幕営を中都(現在の北京)から移します。 この頃になると南宋および朝鮮半島の高麗征服の総指揮を取るようになっており、南宋征服に備え準備を行っていました。 しかし、兄・モンケは早急に南宋を併合することを望んでいたため、フビライハンを南宋作戦の責任者から更迭し、自ら陣頭指揮を取り始めます。 1258年に兄・モンケは自ら軍を率いて陝西に入り南宋領を転戦しましたが、翌年の1259年に軍中で流行していた疫病(赤痢)を患い亡くなりました。. モンゴル帝国を築いたチンギス・ハンの孫であり、元の初代皇帝となったフビライ・ハン。中国を支配し、朝鮮半島や東南アジアへも勢力を拡大したフビライは、日本史においても2度の元寇で知られています。フビライ・ハンとはいったいどのような人物だったのでしょうか?当時のモンゴル.

漢文表記は「成吉思汗」(ピンイン: Chéngjísī Hán, チェンヂースー・ハン)。 各言語での表記や発音の関係から「チンギス・ハン」、「チンギス・カン」、「ジンギス・カン」等と呼称されている。13世紀当時の中期モンゴル語の発音では「チンギス・カ(ア)ン」となる。 英語では Genghis Khan 等と表記して「ゲンギス・カーン」あるいは「ジンギス・カーン」と発音する。「チ」が「ジ」や「ゲ」に訛っているのは、アラビア文字で書かれた文献が欧州諸語に翻訳された際に生じたものである可能性がある。 語源はモンゴル語で「力」を指すチン(ching)に由来する説、あるいはバイカル湖を指したテンギス(tenggis)に由来する説、などなど諸説乱立しているが真相はよくわかっていない。 称号であるハンの部分はハーン(カーン、カアン)とも呼ばれるが、中期モンゴル語では明確な違いがある。ハン(中期モンゴル語でカン)は「(一部族の)王」。ハーン(中期モンゴル語でカアン。カーンは慣用表記)はハンの古形だったが、西域の習慣に倣ってモンゴル帝国時代に「王の中の王」(諸部族を束ねる大王、皇帝、チンギスの正統に連なる王)といった意味付けがなされた。なお、チンギス自身はカンを名乗っていたが、後代より元朝の太祖としてカアンと呼ばれる。 しかしながら帝国の興隆と衰退に伴いハーン号を自称する支配者が乱立して格下のハン号が廃れると、この区別は意味を失っていった。現代モンゴル語ではいずれもハーン(khaan)と呼ぶ。このため、モンゴル帝国の皇帝は「大ハーン」「大カアン」等と「大」を付して他のハーンと区別する場合もある。 フビライ ハーン ※この記事では「チンギス・ハン」と表記します。. フラグ・ウルス(トゥルイ王家が分裂した一派。イル・ハン国とも呼称) チンギス以降のユーラシアの遊牧系国家では、チンギスの男系の子孫でないとハーンになれないという、 「チンギス統原理」という掟が生まれた。 またある学説ではチンギス・ハンの子孫は現在1,600万人を超えると推計される。. 第4代皇帝であった兄・モンケが亡くなったため後継者にフビライハンと弟・アリクブケが候補として名前があげられましたが、フビライハンはモンゴル貴族、王族を味方につけると1260年、フビライハンの本拠地、金蓮川においてモンゴル帝国における貴族や重臣たちが行う政治会議が開かれ、ここでフビライハンの皇帝即位が一方的に宣言されました。 これに対し、弟・アリクブケも皇帝即位を宣言し、これによってモンゴル帝国はフビライハンとアリクブケの2人の皇帝が誕生しました。 しかし1264年になると、弟・アリクブはフビライハンに降伏し、フビライハンは第5代皇帝となりました。. 子供の頃は犬が苦手で、父親から心配される程であった。 戦いに勝ち捕虜の引見を行った時、率直にチンギスを狙撃した事を告白した者がいた。 チンギスは彼の正直さと武勇を評価して、罪を免じ家臣の列に加えた。この勇者は後に四狗の一人となり、勇名を知られるジェベである。 耶律楚材を召しだした時、楚材が金に滅ばされた遼の皇族である事から「お前の仇は私が討っているようなものだな」と言ったところ、楚材は「金は我が仇ではなく主です」と返したので、チンギスはその率直さに感心して側近に取り立てた。 チンギスは忠誠心には敏感で、敵であっても忠誠を尽くす者を見事と感じた。そして敵味方を問わず裏切りには厳しく、たとえそれが自分に利益をもたらす事でも嫌悪した。 チンギスは酒量を弁えており、特に君主や将軍といった者は判断力を鈍らせるので控えるように苦言していた。 月に3回程度が丁度いい、飲まないのが一番だが、酒を飲まない者はいないだろう言っている。だが跡継ぎのオゴタイはアル中であった。 とまれ節度ある生活を送ったのか、チンギスは当時では長命だった方である。 家臣の一人に飢えや乾きに非常に強い、勇猛で不死身めいた男がいた。 チンギスは彼を評価しながらも、あまりに強い者は他人の痛みに鈍感となり、指揮官としては向いていない。人の上に立つものは下の者の疲労に心を配らなければならないと言っている。 ある時、長春真人という道士を呼び寄せて不老不死の方法を尋ねた。 真人はそんなものは無く、長命の方ならありますと答えたところ、チンギスは気を悪くした様子もなく真人の言葉を傾聴した。. 以前から財政難の危機に直面おり、財政再建のためウイグル人財務官僚・サンガに期待していたが失脚してしまったため、フビライハンの晩年は反乱の鎮圧と財政難に追われることとなりました。.

More フビライ ハーン images. フビライ・ハーン(1215年~1294年) モンゴル帝国の第5代ハーン(在位1260~94)、中国元朝の初代皇帝(在位1271~94)。 モンゴル帝国の創始者チンギス・ハーンの末子トゥルイの子で、モンゴル帝国第4代モンケ・ハーンの弟。. 本名はテムジン(由来は後述)。 後に大征服者として名を馳せるチンギス・ハンも人生の幸先は良いものではなかった。 父親のイェスゲイはモンゴルの勇猛な一部族長で、バアトル(英雄)の称号を持ち、勢力はかなりのものであった。しかしテムジンが9歳の時、敵対するタタール部族によって毒入りの馬乳酒で暗殺されてしまう。それまでイェスゲイに従っていた部民や家臣は次々と立ち去り、テムジンは母ホエルンと幼い弟妹達と共に、厳しいモンゴルの昼夜を生き抜くことを強いられた。 やがてテムジンに様々な事件が襲いかかる。 異母弟のベクテルはテムジンに不満を抱き逆らうが、テムジンは返り討ちにして弟を殺した。この時母ホエルンはテムジンを激しく叱責したと伝えられる。 またある時、テムジンが生き延びている事を知ったタイチウト部族が一家を襲撃。テムジンは捕らえられるが、ソルカンという親切な男に助けられて虎口を脱した。 更に、一家の財産である馬のほとんどを盗まれるという事件が勃発。 馬を探す途中でテムジンは一人の少年に出会い、奇特にも少年はテムジンに馬探しの手伝いを申し出た。この少年こそがテムジン生涯の右腕となり、モンゴル帝国筆頭将にまで上り詰めるボオルチュの若き姿であった。 フビライ ハーン こうしてテムジンの青春は困難のうちに経過していく。. 大元ウルス(トゥルイ王家とコルゲン王家と東方三王家が連合。中国における元王朝。フビライ以降ハーン位を独占する) 2. チンギス・ハーンやフビライ・ハーンの名前表記について 王と意味である「ハーン(khaan)」ですが、wikipediaといったところに「カン」と表記されています。これには疑問を感じています。なぜこのように「カン」と表記されているのですか?本来モンゴル語におけるhの表記は国際的にkhと表記さ. · フビライ・ハン 第1話を見る - DailymotionでMentha x piperita フビライ ハーン L.

フビライ・ハーン 平成23年、長崎沖の海底から弘安4(1281)年の2度目の元寇で使ったとみられる沈没船が見つかっている。 ほぼ完全な状態だったため復元してみると全長が27メートルに及んだ。. 参考 ハーン、大ハーン 帝国書院『新詳世界史B』年版は、本文でチンギス=ハン(カン)、クビライ(フビライ)として表記し、「ハーン」の注記に (引用)カガン(可汗)の音が変化した称号で、オゴデイ以降使われるようになった。. · フビライ=ハーン フビライ=ハンどっちが正解? ハーンは皇帝、ハンは王にあたります。フビライのばあいはハーンが正しいです。ちなみにチンギスハンはハンです。補足へモンゴル帝国二世のオゴデイが地位を重くす. チャガタイ・ウルス(チャガタイ王家。後にオゴタイ・ウルスも取り込む) 4. 成長したテムジンは微弱ながらも部族の長としての活動を始めた。 幼馴染の婚約者であったボルテを娶り、ボオルチュを最初の幕僚として迎え、弟達も頼もしい勇者に成長していた。だがメルキト部族の襲撃を受けて新妻ボルテが攫われてしまう。メルキトは勇猛な部族であり、まだテムジンにはメルキトと戦える力は無かった。 そこで、父の盟友(アンダ)であったケレイト部族のオン・ハンの力を借り、テムジン自身の盟友であるジャダラン部族のジャムカと交友を復活させた。二人の力を借りてボルテを取り返す事が出来たが、ボルテはすでに身篭っており、生まれた男の子はジュチ(賓客)と名付けられた。 こうして寄る辺を得たところでテムジンは次第に頭角を現し始めていく。 力も知恵もあり器も大きいテムジンは草原での人望を獲得していき、その下には多くの人々が集ってきた。いくつかの部族からも支持を得て地位を固めていく。 こうなると面白くないのがジャムカであった。テムジンが自分より強力な存在になる事に危惧を抱き始めた。盟約はやがて決裂し、草原の覇を競う群雄として対する事となった。 テムジンは仇敵タタール、タイチウト、ジュルキンといった諸部族を滅ぼし、グル・ハンを称して一勢力を築いていたジャムカも撃ち破り追放した。 しかし、彼らはまだ中程度の群雄であった。モンゴル高原には三大部族たる勢力が健在であった。 すなわち東のケレイト、西のナイマン、北のメルキトの三つの王国である。. フビライ・ハーン /07/11. フビライハンは初代モンゴル帝国の皇帝チンギスハンの孫で5代目モンゴル帝国皇帝となった人物でした。 また中国風の元号「元」を用い元の初代皇帝となりました。 至元11年(1274)と至元18年(1281年)に日本の九州地方に侵攻してきた元寇では、日本を破ることができませんでしたが、至元28年(1291)には3度目となる日本の侵攻を計画していたとされています。 しかし、財政難に追われていたためその計画は破棄となり、これによって日本は3度目の蒙古襲来の危機を脱したのでした。. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - フビライ・ハンの用語解説 - 生太祖10(1215)没至元31(1294)モンゴル帝国の第5代皇帝。また中国,元朝初代の皇帝 (在位 1260~94) 。諡,聖徳神功文武皇帝。廟号,世祖。チンギス・ハン (成吉思汗) の末子トルイ (拖雷)の子。モンゴル帝国第4代皇帝憲宗.

(フビライ・ハーン から転送) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (/09/08 08:45 UTC 版) クビライ(漢字:忽必烈、モンゴル語: Qubilai, Khubilai、1215年 9月23日 - 1294年 2月18日)は、元王朝の初代皇帝(大ハーン)。. フビライ・ハーンの国書は、北条時宗が執権になった時に届きました。 このとき国書をもってきた高麗の使者は、太宰府に留め置かれた後、日本からの返書は得られず、帰国します。. で、本作はモンゴル帝国で、主人公フビライ・ハンは5代目の大ハーンね。 チンギス・ハン や フビライ・ハン は学校で習ったので名前は知っていたけど、他のことは殆ど知らなかったので新鮮だった。.

チンギス自身は西方諸国の経略を担当し、右翼軍万人隊長ボオルチュを軍師に据えた。 東方の中国方面には、左翼軍万人隊長ムカリを派遣して兵力の半分を分け与えた。また、大部隊を動かしつつ、ジェベ、スブタイといった驍将を遊撃部隊として各地で暴れさせて威力偵察や略奪を行わせている。 1227年にチンギスが崩御するまでに、中央アジアのホラズム帝国、西遼を滅ぼし、中国北半の金王朝の大部分を征服した。馬蹄は南はインド、北はロシアにまで達し、チンギスが生涯に滅ぼした国は四十を数えたという。 しかし、チンギスは単なる略奪者ではなく統治者としても振る舞い、征服した国のシステムを帝国に取り込み経済や官僚機構の整備を行なう。こうして遊牧民の武力と定住民の国力が結合した一大帝国が創りあげられていった。 宗教に対しては、帝国に服属する限り何を信じようと自由という寛容なスタンスを示し、異教徒の共存を可能として東西の文明の風通しを良くした。同時にモンゴルのシャーマン信仰を背景として、自身に迫ったテブ・テングリを粛清して、モンゴル国内の宗教統制を行っている。 最後の遠征は中国西北の西夏国であった。西夏を降すも陣中で倒. 歴史の授業で習った「元寇」(文永・弘安の役/蒙古襲来)は、チンギス・ハーンの孫、フビライ・ハーンが日本を侵略しようとしたものですが、もし、チンギス・ハーンが義経だったら、お爺ちゃんの話を知ったフビライ・ハーンが敵討ちに来たとも. 1206年に「チンギス」と称しハンとなり、全モンゴルの支配者として即位する。 チンギス・ハンとモンゴル帝国(イェケ・モンゴル・ウルス)の誕生である。 チンギスは討滅・服属した部族を千人隊に分けて再編成し、功臣と傘下の部族長を千人隊長に封じた。 千人隊長は兵士1,000人を指揮する武将であると同時に、1,000人を動員できる民を治める貴族ともなった。特に勲功がすぐれていた者は万人隊長となり、多数の千人長を統率した。 千人隊は中軍、右翼軍、左翼軍の各万人隊に配属され、一部の者達は王傅(チンギス一族の家老的存在)として分配された。 また、ハン直属の親衛機関ケシクを設立し、将来の幹部を養成を行い、情報伝達の駅伝(ジャムチ)を開通する。チンギス法典ともいうべき大ヤサの制定が行われ、強力な戦闘集団たるモンゴル帝国軍の原型が作り上げられた。 こうしてモンゴル高原を本拠地とした帝国の、第一次世界征服作戦が発動されていく。. フビライ ハーン Amazonで大川 隆法のフビライ・ハーンの霊言 (OR books)。アマゾンならポイント還元本が多数。大川 隆法作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

フビライ・ハーン 冒頭から「上天眷命大蒙古國皇帝奉書日本國王」(=天が慈しみ、命を授けた大蒙古国の皇帝が、書を日本国王にさしあげる)と. If you would like to change to English Subtitle Caption, please click on "Settings". . フビライハンはコンギラト部族の出身のアルチ・ノヤン家の子女・チャブイを至元18年(1281)まで妃とすると、至元14年(1286)から至元13年(1294)までの間、同じくコンギラト部族首長家アルチ・ノヤン家の子女・ナムブイを妃としました。 その他にも複数の妃がいたとされています。 フビライハンの子供の数は『集史』には12人、『元史』には10人と記載されています。 フビライハンの祖父、チンギスハンはフビライハンを含め多くの子孫を残しました。 それらの子孫たちはロシア貴族やヨーロッパ貴族とも婚姻を結んだとされ現在でもチンギスハンの子孫たちはヨーロッパに多く存在しているとされています。 年に英レスター大学で行われた研究では、チンギスハンの男系子孫は世界で約1600万人もいるという事が判明しました。. . というような順です。 5代目のフビライ・ハンはチンギスハーンの孫としても有名で 孫のフビライの業績も社会の教科書に載るほど有名な人ですよね。 フビライは、元という国を開国した人ということでも知られていますね。. チンギスの半生の盟友にして宿敵となったジャムカはセチェン(賢明)の称号を持つ智謀に長けた梟雄であり、チンギスとの戦いに敗れて基盤を失った後でも、ケレイトやナイマンの元に身を寄せて謀主としてチンギスに敵対した。 しかし、チンギスとナイマンとの戦いではわざとナイマンの長であるダヤン・ハンに、いかにチンギスが恐ろしいかを吹聴して臆病なダヤンの心を砕いたという。 やがて捕虜となったジャムカに、チンギスは昔のように友達に戻ろうと手を差し伸べたが、ジャムカは感謝しつつも拒否する。やむを得ずチンギスは貴人の礼遇をもって旧友を処刑した。 ナイマンのダヤン・ハンの王子であるクチュルクは父と違い知勇にすぐれ、ナイマンが滅亡すると西遼に亡命。 皇帝に気に入られて皇女を娶ると西遼を乗っ取ってしまった。だが仏教を強制してイスラム教徒が多い民の不満を招き、国内が混乱したところをチンギスが送り込んだ部隊により討ち滅ぼされた。 ホラズム帝国の皇子ジャラール(ジャラールッディーン・メングベルディー)は古の英雄にも例えられ、モンゴル帝国との戦闘で勝利した勇者であった。 インダス川との戦闘では破れるが単騎で敵中突破を行い、天晴な武者ぶりにチンギスもあえて追撃はせずに、「あのような息子を持ちたいものだ」と称賛した。.

モンゴル帝国は勢力を伸ばし続けましたが、至元12年(1275)頃になるとモンケ家、アリクブケ家、コルゲン家などの王族たちが四男の北平王ノムガンが占領していたアルマリクで反乱を起こしました。 この反乱によって四男の北平王ノムガンの軍は崩壊し、この崩壊をきかっけにオゴデイ家のカイドゥが諸王家を統合しフビライハンに対抗してきます。 これに対し、フビライハンはバヤン率いる大軍をカイドゥのもとへ派遣したためカイドゥの反乱を防ぐことができました。. モンゴル皇帝フビライハーンは大喜びで2人を厚遇しました。 そしてヨーロッパの国々の様々な情報やヨーロッパ人の生活や習慣などの知識も入手し、2人をローマ教皇への特使に任命し、兄弟はフビライから特別な任務を帯びてヨーロッパに帰還します。.